FC2ブログ
a-game shop(国際通信社)の日記出張所です。店舗の商品紹介はもちろんのことアナログゲームのことや日々のつれづれごとを日記にして書いております。
a-game つれづれ日記
会津旅行と白虎隊
2012-08-23-Thu  CATEGORY: つれづれ
本日8月23日は、会津戊辰戦争で白虎隊士中二番隊が飯盛山で自刃した日ですね。





私、夏休みを利用して会津若松に行ってきたという話しは先日のエントリーでも書かせてもらいました。会津若松に行くのも10数年ぶりなんですよねぇ……。今年12月20日に発売予定の「ウォゲーム日本史第16号」で『会津戊辰戦争』という作品を創らせてもらうこともあり、この機会に会津若松へ取材を兼ねて旅行に行ったのがその理由です。





まず向かったのが飯盛山。会津若松市内の北東にある山ですね。白虎隊の士中二番隊が自刃した地でもあり、会津戊辰戦争を語る上で必ず出てくるエピソードとなっております。





飯森山_ローマ寄贈の碑





飯盛山といえば、忘れてはいけない(?)碑がひとつあります。↑これですね。





ムッソリーニが送ったポンペイの遺跡から発掘された宮殿の石柱ですね。白虎隊の精神に感銘を受けて寄贈したというものです。以前訪れた時に写真を撮り忘れたので、この機会に撮っておきました。





いくつか現地の写真を撮ってきたのですが、ウォーゲーム日本史で使用するかもしれないのでちょっと控えさせてもらいますが、白虎隊繋がりもあり折角なので↓こちらの像の写真を……。





酒井峰冶と愛犬クマの像





酒井峰冶と愛犬クマの像です。こちらのエピソードもドラマになりましたのでご存じかと思いますが、飯盛山の麓にある像です。





現地を回って色々と感じたことや新たに得たことも多かったので、少しでもゲームの制作に役立てたらいいなと思っております。ちなみに、制作途中の画像ですが、ゲームは↓こんな感じで『長篠・設楽原合戦』【商品ページは→コチラのシステムを利用しています。





モックアップ





●アナログゲームショップは→コチラから
トラックバック0 コメント0
『アルシャードセイヴァーRPG リプレイ1』
2012-08-01-Wed  CATEGORY: つれづれ
以前担当していたTRPG雑誌の関係で、いつもいつも新刊が出る度にエンターブレイン様から見本をいただいております。いつも本当にありがとうございます。なかなか紹介することができませんので、本日は御礼も兼ねて紹介をさえていただきました。





a1.jpg

アルシャードセイヴァーRPG リプレイ1 ブレイヴ・ニュー・ワールド (ファミ通文庫)





TRPGは最近全くプレイしていないのですが、以前はよく「雇われキーパー(マスター)」として、いくつかのコンベンションに顔を出させていただいていたものです(「雇われ」なんて書いていますが、もちろん無償ですよw)。最近……といえば、知り合いのサークルで昨年の10月に泊まり込みでマスターとプレイヤーをやらせてもらったのが数年ぶりになるのでしょうか? 





とはいえ、全くプレイしたくなくなった訳ではありません。チャンスがあればゲームも創ってみたいなぁなんて思っていますし、マスターやプレイヤーだってやってみたとは思います。ただ、機会が本当に無くなってしまったんですよね。そういうときこそ、リプレイって役に立つのかもしれません。自分がプレイしなくても物語の中心で役になりきれますから。





ところで、「リプレイ」って、TRPGだけでなくシミュレーションゲームやボードゲームでも結構一般的な手法はある訳ですが、各ジャンルによってその形式ってことなりますよね? TRPGには独特の記述方法がありますし、シミュレーションゲームには棋譜っぽいものから展開の物語性を追いかけていくものまで。ゲームのルールを紹介するというような形式のリプレイはホント少なくなりました。





ところで、ボードゲームのリプレイってどういうものなんでしょうか? 海外では「プレイ紹介動画」というものが主流になってきましたし、リプレイってどのジャンルのアナログゲームでも日本独特のものになってきたのでしょうか? その辺り無知な部分もあるので、詳しい方に是非お聞きしたいですね。





最近のリプレイ本では当たり前なのかもしれませんが『アルシャードセイヴァーRPG リプレイ1』を読んでいて、巻末に面白いものを発見しました。このリプレイを読んで遊んでみたくなった人への「遊び方の説明ページ」ですね。





a2.jpg





これってとても重要なことじゃないかなと思います。興味を持ってくれた人が次の一歩を踏み出せる準備をしておくことって大切ですよね。TRPGに限らずボードゲームやシミュレーションゲームの分野でも「リプレイ」という手法について新たな視点でアプローチしてみることや考えてみることも必要なのかもしれませんね。





という感じて、今日はちょっと違う視点でのブログをエントリーさせてもらいました。





●アナログゲームショップは→コチラから

トラックバック0 コメント0
個人的なGWの予定
2012-04-26-Thu  CATEGORY: つれづれ
今年は初めての試みになるのですが、海外へ脱出してみようかと思っています。





行き先はカナダバンクーバー。一度行ってみたかった場所でもあります。





バンクーバーといえば……コマンドマガジン104号でも話題になっていましたっけ。





もちろん、プライベートの旅行ではありますが、現地では他にも色々とできることはやってみようかと思います。ええ、できることは……。





大体、国内旅行では歩くことが多くなります。歩いていると色々アイデアが浮かんでくるんですよね~。





そのアイデアを旅館に戻ってまとめておいて、帰宅後メモを見返して創作活動に活かすようにしているのですが、今回は今まで行った地域とは全く文化も慣習も異なるところだけに、新たな閃きがあるかも? と期待しております。





GW明けにでも、できれば旅の報告をさせていただきますね。





●アナログゲームショップは→コチラから
トラックバック0 コメント0
『長ぐつをはいた猫』
2012-03-08-Thu  CATEGORY: つれづれ
皆さんご存じの作品「長ぐつをはいた猫」ですが、以前大変お世話になった作家さん(伊豆平成[いずのひらなり]さん)が出されたので本日はこちらで紹介させてください。





原作はもちろんシャルル・ペローの作品。「長ぐつをはいた猫」といえば、NHKの人形劇でやっていたのを思いだしますね。あとは東映のアニメ映画を思い出すのですが……。





長ぐつをはいた猫 (角川つばさ文庫)長ぐつをはいた猫 (角川つばさ文庫)
(2012/02/15)
伊豆 平成

商品詳細を見る







私はまだ未読なのですが、早速週末に本屋へ探しに行こうと思っております。





とても柔らかい暖かみのある文体で原稿を書かれる方なので、きっと良い作品に仕上がっていると思います。ラストが原作と少し違うらしいですよ。





●アナログゲームショップは→コチラから

トラックバック0 コメント0
ライジング・サン!
2011-08-05-Fri  CATEGORY: つれづれ
突然ですが、私、北海道日本ハムファイターズのファンであります。





まぁ、中学生の頃からのファイターズファンで、筋金入りとは言いませんが結構ファン歴は長いですねぇ。





元々パシフィックの試合しか観ないタチでした。





あ、観るといっても球場に足を運ぶのは、という意味。当時テレビでは、セントラルしかほとんど中継していませんでしたから……。





そのファイターズなんですが、現在連敗か移動をまっしぐら。順位的には2位なんですが、、、5連敗中ですね。





ホークスとマリーンズに対して6連戦で勝ち無し(昨日はマリーンズに引き分け)……トホホ。





試合の途中経過を見ていて、4対0で負けていたから「こりゃダメだ」と思っていたのですが、昨日は中田翔が本塁打を放つなど、追いついてドローに持ち込んだようです。引き分けで助かった。





実は、会社の上司が昨日まで北海道に出張に出ていました。北海道に行ったことのない私に、お土産をくれたのですが……。





110804_1154~01





OH!! なんたる奇遇や!!





うん、今年は本当に活躍してくれているよね……昨日も貴重な本塁打、感謝であります。





これから、きっと登り調子に、なって……くれる、、、、かな?





●野球のプレイヤーだけでなく選手を応援する観客まで巻き込む、新感覚ゲームは→コチラから


トラックバック0 コメント0
<< 2020/09 >>
S M T W T F S
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 - - -


Copyright © 2020 a-game つれづれ日記. all rights reserved.